専業主婦でもカードローンは申し込み可能か?

【消費者金融ではカードローンの申し込みはできない】

 

専業主婦の方が、消費者金融で発行しているカードローンキャッシングを申し込むことは可能なのでしょうか?

 

結論として、消費者金融のカードローンを専業主婦が作成することはできません。

 

 

>>専業主婦歓迎のカードローン

 

 

 

なぜなら、自分自身に収入がないためです。

 

収入がないとなぜキャッシングを利用できないのでしょうか?

 

それは、賃金業法という法律が改定されたことによって、1年間の所得の3分の1までしか借りることができない総量規制という法律が出来たからです。

 

つまり、専業主婦の場合、自分自身に収入がないため、消費者金融での借り入れや、カードローンキャッシングの申し込みといった行為ができなくなったのです。

 

また、夫の承諾を得たと証明できる証明書が必要になる配偶者貸付は、夫の収入証明書、婚姻関係を示す書類、夫同意書などが必要です。

 

もし、「カードローンを申し込んだことを夫に知られると嫌だ」という方は、このような必要書類の提出が困難となってしまうため、カードローンのキャッシング申し込みは、非常に敷居が高いということになります。

 

 

【申し込めるのは銀行関係のカードローン】

 

しかし、消費者金融のカードローンに関しては説明した通りですが、実は銀行系のカードローンキャッシングであれば作成することができるのです。

 

 

理由は、消費者金融は賃金業法で運営しなければなりませんが、銀行に関しては銀行法という法律で運営しているため、総量規制の対象とはならないからです。

 

銀行系のカードローンは、専業主婦がカードローンのキャッシングを申し込む場合に適しているため、こちらを検討すると良いでしょう。

 

銀行系のカードローンは、大手の銀行が発行しているカードローンも多く、安心と信頼を重視している方は、満足のいくカードローンのキャッシング申し込みができるでしょう。