銀行のカードローンとは?

カードローンはカードを使ってお金を借入することができ、使用用途が決められておらず利用限度額内であれば何度も借入することが出来る便利なローンのことを言います。

 

そのほとんどは消費者金融と銀行から発行されており、その中でも最近注目されているのは銀行のカードローンです。

 

しかし利用したことがない人にとって、銀行のカードローンと言われてもどのようなものなのかわからないと思います。それでは銀行のカードローンとはどのような商品なのか、簡単に説明していきたいと思います。

 

金利が低く設定されている

 

銀行のカードローンの大きな特徴に金利の低さがあります。

 

消費者金融のカードローンと比較してみるとわかりやすいのですが、金利の下限も上限も低く設定されているので利用しやすくなっているのです。

 

銀行の中でもまた金利は会社によって異なっているので比較して選んでみるようにしましょう。

 

使いやすさ

 

銀行のローンというとマイカーローンやマイホームローンなどと用途が決められていましたが、カードローンの場合は用途が決められていません。

 

利用限度額も500万円や800万円など幅広く設定されていますので、自分の生活スタイルに合わせて利用することが可能なのです。

 

またこの利用限度額内であれば、今借りている分を返済せずとも何度も借入することができるのです。

 

安心の返済額

 

銀行のカードローンは毎月の返済金額も払いやすいように低金額に設定されています。そのため毎月の生活に負担をかけることなく返済していくことができるのです。

 

返済金額が大きいと返済が困難になってしまいますよね。また余裕のある月には随時返済にも対応しているので早めに完済しやすくなっています。

 

インターネットからも申込み可能

 

銀行のカードローンの多くもインターネットに対応しており、商品によっては24時間インターネットからの受付を行っています。

 

また即日審査や融資にも対応している商品もありとても便利に活用することができるようになっています。