銀行のカードローンを延滞したらどうなるの?

銀行のカードローンを利用している時に気を付けなければいけない事が「返済の支払いを延滞しない」という事です。

 

返済の引き落としの際に引き落としに必要な金額が銀行口座にない場合や返済の支払いをする時間がなく返済期日に支払いは出来なかった場合等は延滞扱いとなってなります。

 

ここでは、銀行系カードローンを延滞してしまった場合のデメリットと対処法をまとめました。

 

督促状が郵送されてくる

 

銀行系カードローンを延滞してしまうと保証会社から「支払いの確認が出来ていない」という内容の督促状が郵送されてきます。銀行によっては直接携帯電話に連絡がある事もあります。

 

ドラマや漫画のように「怖い人が取立てに来る」といったイメージを持っている方がいるかもしれませんが、そのような事はないので心配する必要はありません。

 

ただし、延滞をしてしまう事でデメリットやリスクはかなり大きので延滞をしてしまわないように気を付けておく事が大切になります。

 

延滞損害金を支払う事になる

 

銀行系カードローンを延滞してしまうと延滞した日数分の「延滞損害金」を支払う必要があります。延滞損害金の金額は銀行によって違ってきますがほとんどの場合、利率引き上げられる事になります。

 

通常の金利が5%〜15%程度に設定されている場合でも延滞損害金によって20%まで引き上げられてしまう場合もあるようです。銀行によって対処法が違うので確認しておく事が必要になります。

 

延滞損害金の計算方法は【借入金額(元金)×延滞損害金年率÷365日×延滞日数】となっています。

 

社会的信用度が低くなる

 

銀行系カードローンを延滞してしまうと社会的信用を大きく損なう可能性があります。それによって、限度額の増額を認められなくなったり、減額されてしまう事になる事もあります。

 

また、頻繁に延滞しているとブラックリストに載ってしまう場合もあるので延滞をしないように気を付けてください。

 

延滞してしまいそうな場合は担当者に連絡する

 

万が一、返済に間に合いそうになく、延滞してしまう可能性がある場合は出来るだけ早く担当者に連絡をする事を忘れないようにしてください。

 

事前に連絡をすれば延滞扱いにならないという事がありませんが、連絡をする事なく延滞するよりは悪い印象を持たれる事はありません。