銀行カードローンの審査は甘いのか

一般的に、消費者金融系カードローンに比べて銀行系は審査が甘いと言われていますがそれは事実なのでしょうか。

 

確かにそういう面もありますが、消費者金融に比べると比較的基準が緩めというだけであって、審査において重要なポイントをクリアできていない審査で落ちてしまうでしょう。

 

2010年に導入された貸金業法の総量規制により、年収の3分の1以上の貸し付けが禁止されたため年収の3分の1までしか借入をすることができません。しかし、銀行のカードローンは総量規制の対象外であり、年収の3分の1以上の借入が可能になっています。

 

それで多くの人が銀行カードローンの方を利用をしたいと思っているのですが、たとえ、十分な返済能力があったとしても過去に遅延や延滞などの返済トラブルを起こしているとその記録はしっかり残ってしまうのでこのような場合には審査に落ちてしまうでしょう。とは言え、消費者金融の審査には落ちてしまったものの銀行カードローンの審査は通過出来たという事例もよくあることです。

 

銀行カードローンの審査の重要なポイント

 

銀行というと事業者むけという印象が強いですが、需要や戦略の多様化により、個人むけの小口融資にも積極的に取り組むようになってきました。その流れの中で、個人であっても気軽に審査を受け利用できる銀行カードローンが誕生してきたのです。

 

銀行カードローンの審査の重要なポイントの一つに「十分な返済能力の有無」があります。借入金額が少額であっても実際に返済していくのが難しそうであると判断されたなら審査は通過できません。反対に、他からの借入もなく、返済能力も十分にあると判断されたらまず審査を通過できる可能性は大いに高まるでしょう。

 

仮に審査に落ちたからと言って問題が起こる訳ではありませんので、あまり不安に思わず気軽に審査を受けてみるところから始めてみましょう。