住宅ローンを申し込む前に〜銀行カードローンとの関係

住宅ローンを検討するとき、気になってくるのは「銀行カードローンが住宅ローンにどのような影響を与えるのか」ということ。

 

普段から銀行カードローンを利用している方の場合、住宅ローンを組む前に既に借り入れがあるわけなので、借り入れが二重になってしまうのです。

 

住宅ローンは、通常のローンよりも審査が厳しいのがほとんどです。実際、どうなのでしょうか。

 

銀行カードローンが住宅ローンの借り入れに影響することもあります

 

銀行カードローンを利用している状態で、住宅ローンの申し込みを行うと、審査に影響する可能性が高いです。なので、もし銀行カードローンを利用している場合は、住宅ローンの審査を受ける前に、銀行カードローンを解約しておく必要があると考えていいかと思います。

 

住宅ローンの申し込みを行うときに、銀行カードローンの解約証明書の提出が必要な場合もあります。銀行カードローンを利用している場合、信用情報機関に記録が残るため、黙っていても審査の段階で見つかってしまいます。銀行カードローンの利用を申請していなかったことが悪影響になる場合もあるので、隠すようなことはやめましょう。

 

銀行カードローンは返済を終わらせてしまいましょう

 

住宅ローンを利用しようと思ったら、申し込みの前に、銀行カードローンの借り入れを完済しておきましょう。

 

返済しておらず、借入残高が残っている状態で住宅ローンの申し込みをしても、まず審査を受けることができない可能性があります。

 

審査を受けることが出来たとしても、銀行カードローンの借入残高が理由で否決となる可能性が高いです。