甘いと言われている銀行系カードローンの審査について

銀行のカードローンを利用している方は少なくないと思われます。

 

住宅ローン、自動車ローン、教育ローン等のローンのほとんどが銀行から借入を利用している事が多いと思います。銀行から借入を受ける共通点としてよく挙げられる事が「審査の厳しさ」です。

 

そのため、銀行から借入を利用する場合は厳しい審査を通過するという大きなハードルとなっていました。銀行のローンを利用した事がある方はその厳しさを理解していると思います。

 

ですが、最近ではテレビのCMなどで見かける事の多くなった銀行のカードローンは「審査が甘い」という特徴があります。銀行が利益をあげるには顧客に対して融資をする事で成り立っています。

 

なので、顧客一人一人にもう少し気軽に利用してもらいたいという理由から銀行系のカードローンがドンドン増えてきています。銀行系カードローンは金利を低く抑えている事が特徴となっており、利用限度額が50万円〜500万円までと幅広く利用する事が出来る事がメリットと言えるでしょう。

 

審査が甘い理由とは

 

銀行系カードローンが甘いと言われているのには理由があります。一番初めに挙げられる理由として多いのが収入面に関する内容となっています。

 

他のローンを利用する場合はキチンとした収入があり、キチンと返済する事が出来ると認められなければ審査を通過する事は出来ません。しかし、カードローンの場合はこの収入面や返済能力の審査基準が甘くなっている事が特徴となっています。

 

キチンとした返済能力を持ち合わせてある方でないと審査を通過する事が出来ませんが他のローンと比較するとかなり甘く設定されていると言えます。また、銀行のカードローンは総量規制対象外となっているので年収の3分の1以上の借入を利用する事も出来るようになっている事も銀行系カードローンの魅力となっています。