金利を下げるにはこの3つのポイントをチェック

カードローンの申し込みをして、申請が通るかどうかドキドキした後に手に入れたカードは嬉しいですよね。

 

しかし、実際使ってみると使い勝手が悪いとか、自分の希望する条件とあっていなかった、という事もありえます。せっかく作ったカードローンなのにどうしたらいいか、と考えてしまう人も少なくないと思います。しかし、そんな方にぜひ知っておいてほしい情報があるんです。

 

今一度、お持ちのカードローンの利用規約を見てみましょう。カードローンによっては、金利を変更できる場合があるのです。金利が下がるのは誰にとってもお得な事ですよね。

 

そこで、カードローンで大きなポイントとなる金利を下げる方法をいくつかご紹介します。すでに利用されている方はもちろん、カードローンは現在も未来も使う予定はない、という人でも知識として知っておくと良いでしょう。

 

金利の変更には借入限度額も一緒についてくる

 

カードローンの金利は、借入限度額が大きく関わります。金利はもちろん下げたいけれど、限度額も一緒に考慮する必要はあるの?と思われるかもしれませんが、限度額が低ければ金利も下げやすくなり、また限度額が高ければ金利も一考しなければならない、というのが常識です。

 

じゃあ限度額も下げればいい、と思われるかもしれませんが、限度額が多くあって困る事はないので、その辺りのバランスも考慮に入れる必要があります。

 

そのカードローンは金利変更可能かを確認する

 

カードローンには、金利が固定されているものと金利変更が可能なものと2種類あります。もし金利が変更できないのであれば、新しいカードローンを作る以外に方法はありません。

 

自分が持っているカードローンがどのタイプなのかは、利用規約を見れば確認できます。今カードローンを持っていない人でも、もし利用する際にはよく利用規約を読んで、金利の変更が出来るタイプかどうかを確認する必要がある事を覚えておきましょう。

 

長期にわたって使用しているカードローンは、支払い実績があるので金利の変更も容易に出来やすくなります。

 

金利変更のためには自分の実績をチェック

 

あなたの持っているカードローンが金利変更可能なタイプだと確認したら、次は自分の信頼実績を見直しましょう。金利を変更するには、新規申請時ど同様の再審査を受けねばなりません。

 

今まできちんと支払いをしていたのならば、信用実績があるとして金利の引き下げを快諾してくれる可能性が高いです。その他、申請時と同じように職業・年収も関係するので、もし不安ならば一度窓口に相談してみると良いでしょう。審査性のため詳細は伝えられませんが、アドバイスならしてくれる所が多いです。

 

金利を下げたいのならば、カードローンを作ったすぐ後に申し込むのではなく、きちんとした支払い実績を積んで信用を得る事です。返済日にあわただしく最低返済額のみを支払うようなスタイルでは、到底無理だといえるでしょう。

 

返済締め切り日よりも早く、そして最低返済額よりは多く、という風にしていくと信用実績も増えて、高く評価される用になります。金利が下がれば、ずいぶんお得ですよね。だからといって散財しては意味がありません。限度額に注意しながら、金利を下げるように働きかけましょう。