在籍確認の電話があることは,予め上司に伝えておくことが無難

消費者金融を利用するとき、金融会社から職場へ在籍確認というものが行われます。

 

これは法律で必ず行うようにと決められていることです。もし在籍確認ができない状態が続くと、審査にパスすることができず、いつまでたっても融資を受けることができません。

 

融資を急ぐ場合はもちろん、消費者金融を利用する場合は在籍確認のこともしっかり念頭に置いておく必要があります。

 

アルバイト・パートの方は予め上司に伝えてくのが無難

 

在籍確認は正社員で働いている人だけでなく、学生や主婦の方でパート・アルバイトとして働いている人にも当然行われます。

 

多くの人は、消費者金融を利用していることを周囲の人に知られたくないという気持ちがあると思います。そのためアルバイト先の人たちに消費者金融からの電話だと知られないように、自分でその電話を取りたいと思うものでしょう。

 

事務職の人ならばそれが可能かもしれませんが、接客業の人はそうもいかないと思います。周囲に知られたくないという気持ちもわかりますが、予め上司には消費者金融から在籍確認の電話がかかってくることを伝えておくことをお勧めします。

 

在籍確認の電話は配慮されている

 

一方、消費者金融側も利用者のそのような気持ちは理解しています。そのため在籍確認の電話は会社名を出さず、在籍確認の電話と悟られないよう個人名で電話をかけるなど配慮をしています。

 

けれども、それが〈怪しい…〉と思われることもあるのです。アルバイト先の上司からすれば〈アルバイトの人の個人的な電話が、どうして職場にかかってくるのだろう?〉となります。一度〈怪しい…〉と思われてしまうと、通る話も通らなくなるものです。

 

誰が悪いというわけではないのですが、最悪のケースですと審査に影響を及ぼすこともあり得ます。繰り返しになりますが、在籍確認の電話がかかってくる旨は事前に上司に伝えておくことが無難だと思います。