在籍確認の時間指定に関しては、会社によっては対応できない場合も

消費者金融に申し込むと、在籍確認の電話がかかてきます。

 

これには、時間指定が可能な会社と、できない会社があるのです。一般的には消費者金融では、在籍確認をする際に時間指定ができるところよりは、できないところの方が多いという現状です。

 

申し込んだ人にとっては、消費者金融を利用していることを会社の人達に知られたくないと思うのが当然です。自分の信頼や出世に影響することも考えられますので、できれば在籍確認の電話がかかってくる時間をピンポイントで知っていて、偶然をよそおってでも自分で電話を取ってしまいたいと考えるところでしょう。

 

在籍確認の電話にそこまで不安になることはない

 

しかしそこまで心配する必要はありません。在籍確認の電話というものは、掛けてきた相手が消費者金融だということが分からない様にしてくれるのが一般的なのです。

 

つまり、「○○金融会社です」と名乗るのではなく、「○○と申します」と個人名を名乗り電話を掛けてくるのです。

 

そしてあなたに取り次ぎを頼むことにより在籍確認を行うのです。誰が電話に出たとしても、消費者金融があなたの在籍確認の為に電話を掛けてきたとは気づかれない様に、配慮してくれているのです。

 

そこで、もし彼にあなたが席にいなかった場合でも、電話を受けた人が「○○は只今席を外しております」と応えれば、そこであなたが会社に勤務しているということ判断され、在籍確認が取れたことになるのです。

 

在籍確認電話の時間指定ができる場合

 

もしも消費者金融により在籍確認の時間指定が可能な場合には、自分でオフィスにいる時間をして、待っているようにすることもできます。内線番号まであれば知らせておくとより確実です。

 

しかし、時間指定ができない消費者金融の場合は、在籍確認をしてくる相手の名前を訊いておき、電話受付のスタッフに伝えておくときちんと応対してくれるでしょう。