派遣会社勤務の場合、在籍確認の連絡は派遣元?勤務先?

クレジットカードやカードローンの申し込みをしたら審査の一つとして必ずあるのが、在籍確認です。

 

では、派遣社員として働いている場合、在籍確認の連絡が登録をしている派遣会社になるのか、それとも派遣先の会社になるのか、不安になる方もいらっしゃると思います。

 

近年では、個人情報保護の観点から、在籍確認に応じないといった派遣会社も多いと聞きます。

 

とは言え、それではいつまでも在籍確認がとれず審査が進まなくなってしまうので、派遣会社には在籍確認の連絡がある事をあらかじめ伝えておく事が賢明でしょう。

 

スムーズに在籍確認電話を完了させるには

 

しかしクレジットカード会社やカードローン会社の中には、在籍確認の連絡の際、会社名を名乗らずに個人名で電話をするといった配慮がされるケースもあります。

 

カードローンの申し込みなどが社内の人にわからないようにしてもらいたいという方であれば有効な方法と言えますが、一方でこの場合、派遣会社にはカードローン会社からの在籍確認の電話かどうかわからないため、やはり個人情報保護に基づきお答えできません、といった対応を摂られてしまう事も考えられます。

 

このような状況を回避するため、クレジットカード会社やカードローン会社にはきちんと社名を名乗ってもらうよう話しておく事も大切でしょう。

 

派遣先の会社に在籍確認電話が入る場合

 

また、派遣先の会社に在籍確認の連絡が入る場合ですが、勤め先が社員数の多い企業であると正社員以外の人の名前を、電話を受ける側が十分に把握していないという事が起こり得ます。

 

在籍確認の連絡をして「そのような方はいません」と言われてしまうと、それにより審査が長引いてしまう事があるので、勤め先の正社員や場合によっては外線電話を一手に担っている電話受付の方などに、在籍確認の連絡がある旨を伝えておくべきしょう。