業者によっては自宅にも在籍確認

消費者金融のカードローンを利用する場合には、在籍確認を行います。在籍確認では勤務先の会社に対して電話をかけることによって、その会社で仕事をしていることを確認しますが、業者の中には自宅に対しても電話をするというところもあります。

 

もし、無人契約機から申し込んだり店舗に行ったりした場合には、すぐに自宅につながらなくても問題にはなりません。申込みを行ってから時間がそれほど経っていなければ、留守の可能性が高いということは業者も分かっているからです。

 

ただし、再度確認するまでに時間がかかりますので、審査が長くなるということになります。急いでいる場合には、そのようなケースも考慮した方が良いでしょう。

 

自宅の電話が固定電話であれば留守番電話の設定にしておくことによって、留守番電話に繋がったということでOKとみなされるケースが多いです。

 

自宅のが固定の場合、携帯に連絡がくる

 

自宅の電話が固定電話ではない場合には、携帯電話の方に連絡があるはずです。この場合には、かかってきた電話に出ると良いだけですので、それほど問題にはならないでしょう。

 

ただし、携帯電話の電池切れなどの状態にだけは気を付けておいた方が良いですね。固定電話よりも携帯電話にかかる方が多いかもしれません。

 

指定ができるなら時間指定をするとスムーズ

 

また、在籍確認を行う時間を指定できるような場合には、時間を指定する方が確実でしょう。外出先からスマートフォンなどで申込みを行うような場合には、自宅への電話は家に帰ることができる時間を指定した方がスムーズです。

 

家族の人に出てもらう場合でも、かかってくる時間が分かっている方が対応が簡単になりますし、間違いがないでしょう。

 

ちょっとしたことに気を付けて対策しておくだけで、手続きが遅れることがなくなりますので、必要な対策をするようにしておきましょう。