自営業の人がカードローンを利用する時の在籍確認

自営業の人でもカードローンを利用するという人はだんだん増えてきています。

 

この時、一般的なカードローンの手続きと同じようにほとんどの場合に在籍確認を行います。

 

普通の会社員であれば、会社への在籍確認の電話がちゃんとつながって対応してもらえば何も問題はないのですが、一方で自営業の人ならばうまく在籍確認が進まないというケースもあります。

 

在籍確認を行う目的は、申告された仕事をちゃんとしているかという確認をするためなのですが、自営業の場合には営業している場所や仕事の内容などを確認することになります。

 

自営業の方の在籍確認は難しいポイントが多い

 

もし、飲食業などのように営業している店舗がすぐに確認できる場合には、それほど気にする必要はないでしょう。問題となるのは、最近増えてきているような新しい働き方をしている自営業の人です。例えば、自宅のマンションを職場として内職をしているようなケースです。

 

プログラマーやデザイナーなどの仕事の場合には、フリーランスとして会社に所属せずに主に自宅で仕事をしているという人もいます。

 

このような場合には、なかなかその仕事内容を確認することができませんので、在籍確認に時間がかかったり、場合によってはうまくできずに見送られてしまったりすることもあるのです。

 

ただし、これは業者によっても確認の仕方や基準が異なっていますので、うまくいく場合もありますし、確定申告などの書類を提出することによって情報を補完するようなケースもあります。

 

自営業の方は在籍確認の方法をしっかり確認しておく

 

場合によっては、取引先に対して連絡を取るということを行う業者もありますので、その場合には取引先に一報を入れておくようにしましょう。

 

もし、在籍確認がうまくできなかった場合に、見送りまではならなかったとしても、限度額を下げられてしまうということになってしまう可能性は高くなります。

 

自営業の人の場合には、どのような方法で在籍確認を行うかということについて、事前にしっかり確認を取っておく方が良いでしょう。