休職中は審査を通らないこともあります

現在元気に仕事をしている人でも、いつ病気や怪我によって今のように働けなくなるかは誰にもわかりません。

 

例えば自然災害などで住む家をなくしてしまった場合でも、残念ながら仕事を失ったり休職を迫られる可能性があります。

 

そんなときには消費者金融やクレジットカード会社や銀行のカードローンなどで、キャッシングを利用しなければ生活できない場合も考えられます。

 

働いている間は返済能力があるとみなされおそらく大丈夫ですが、休職中に借入を行うことは返済能力の点からかなり難しいと言えるでしょう。

 

ですが、副収入があるケースや、配偶者の収入次第では審査を通ることも考えられます。ローン会社は返済能力をまず第一の審査基準とするので、収入に対してシビアになるのは当然のことと思えます。

 

休職中の在籍確認は困難が多い

 

休職中にローン会社に申し込むと、休職の確認のために在籍している会社にローン会社から在籍確認を電話にて問い合わせがあります。このときに、会社によっては休職中にもかかわらず、在籍していませんと返答されてしまうケースもありえることです。

 

これでは審査を通ることはかなり難しいでしょう。そうはいっても、休職中に職場に、借入をしたいのでローン会社から在籍確認の電話がくるからよろしく、とは言えないと思います。

 

なので、仕事に復帰してから借入を申し込むほうが無難だと思われます。ただ休職中でお金が底をついてしまい今すぐにでも借入しないと生活に支障がでてしまう場合には、ローン会社に在籍確認の電話に対しての相談をするほうがいいでしょう。

 

在籍確認の方法を知る

 

在籍確認はどのように行うのか、どんなことを問い合わせるのかなど、審査を通るためにはどうすればいいのかを聞いてみると親切に教えてくれるはずですので、遠慮なく気軽に問い合わせてみて下さい。

 

ローン会社側も返済能力がある人には借入してもらいたいはずですので、きちんと受け答えしてくれます。もしあまりにも対応が悪いローン会社の場合には、他のローンに変えればいいことです。