曜日次第で在籍確認が時間がかかることを理解しておこう

カードローンなど金融系の商品を利用するにあたって、在籍確認は必要不可欠です。

 

ほとんどの会社は平日は営業している所が多いので連絡を取りやすいですが、土日祝などを会社全体が休みにしている会社だと連絡し様にも連絡を取ることが出来ません。

 

連絡が取れないと次のステップに進むことが出来ないにもかかわらずカードローンの多くは年中無休体制で申し込みが可能ですから、貸す側としては手間がかかってしまうネックがあります。

 

土日でも利用できるようにするためには、在籍確認の日にちをずらしたり限度額の上限を下げたりするなどしてどこの消費者金融も対応しているそうです。

 

なぜ借り入れの上限額を下げるのかというと、上限額が高いと審査にも時間がかかるからです。例えばいきなり500万の借り入れをしたいと申し出ても、お金の貸し借りですから安心して貸せる人物かどうか判断するには時間を必要とします。

 

限度額は大体10万前後がどこの会社も相場でしょうが、土日以外で在籍確認がとれた後に上限が変わるなど柔軟に対応してくれます。

 

土日祝日が休みの会社の場合

 

土日祝を休みにしている会社は在籍確認が出来ない代わりに、書類で仮審査を行い会社が営業中の時に再度在籍確認というケースもあるそうです。

 

基本は在籍確認は電話という方針で営業している所が多いので、利用する際は予めそのことも踏まえて平日に在籍確認が出来るように自分で調節したほうが良いでしょう。

 

その方が余計な時間もかかりませんし、電話で対応できるからとんとん拍子に進んでいきます。自分が困っていてお金を借りるわけですから、土日祝の場合は時間がかかることを予め理解しておく必要があります。

 

そして、借りたお金は返済日に必ず返すように心がけましょう。