カードローンの返済が期日に間に合わない時はどうすべきか

カードローンの返済がどうしても返済期日に間に合いそうにない場合、どうしたらいいのでしょうか。

 

一番してはならないのが放置しておくことです。

 

もし返済期日に遅れそうな場合は、速やかに担当者に連絡をしてその旨を伝えるようにしましょう。事前連絡をしたからといって延滞したという事実も記録もなくなる訳ではありませんが、カードローン会社から催促されることもなくなるし、何の連絡もなく延滞をしてしまうとカードローン会社に悪い印象を与えてしまうことになります。

 

もちろん、返済が滞っている間は新たな借入を行うことはできません。支払いをすませたらまた借入が出来るようになるので一日も早く遅れた分の返済をすませるようにしましょう。

 

返済期日に間に合わなかった場合

 

返済期日が1日でも過ぎてしまうとその後3カ月ほど取引が出来なくなってしまいます。返済までにどうしても日時がかかってしまいそうな時は、また利用するためには遅くともいつまでに返済しておかねばならないか事前に確認しておくようにしましょう。

 

また、銀行系ではなく消費者金融系のカードローン会社であれば、事前に連絡をすると場合によっては支払日を変更してくれたりすることもあります。

 

ただ、「初期遅延」である1週間くらいをこえて延滞してしまうと会社からの返済催促も厳しくなってくるのでそうなると返済日の変更のお願いもしにくくなるので、先に自分で連絡をした上で、少しでも早く返済をするようにしなければなりません。

 

返済が遅れると取り立てが厳しくなる?

 

返済が遅れた時に思い浮かぶのが、ドラマで見聞きするような業者による厳しい「取り立て行為」ではないでしょうか。家や職場に押しかけてきて大声で返済を要求したり、親戚に連絡すると脅されたりする印象が強くて大変心配する人もいると思います。

 

しかし、「貸金業法」によって業者の取り立て行為については時間や方法など厳しく制限されています。法外な取り立て行為を行うとその業者には営業停止や貸金業法登録取り消しなどの厳しい処分が下されるため、ヤミ金でもない限りそのような取り立て行為をすることはまずありません。

 

そのような厳しい取り立てがないからといって延滞したままにしていい訳はありません。誠実な返済を心がけましょう。