リボ払いなどに見る、カードローンの返済期間

カードローンの返済期間は個人の借り入れ状況によって違います。それは借入方法にもよりますし、金額にもよります。

 

共通して言えることは借り入れ金額が少ないとそれだけ安い金利で借りられるということになりますので、お金を借りたら短期間のうちに返していれば金利も抑えられ、長期間に渡って返済する必要がなくなります。

 

最近では、カードローン会社側も低金利または無利息のサービスを提供しており、お金を借りても30日間以内の借り入れなら無利息にしているところもあります。

 

こうしたサービスを上手に使えば、金利分の利息を払わずに元本のみを返済すれば良いということになりますので、余計な金利を払わずにお金を返せます。

 

返済の主流はリボルビング払い

 

また、近年主流になっている返済方法に、リボルビング払いと呼ばれる方法があります。これは借り入れ金額に応じ、一定の額を返済していく方法ですが、高額の借り入れを行っているのに少額返済のリボ払いを利用していると、利息分ばかりが増え、なかなか完済できなくなります。

 

よって、お金に余裕がある月は毎月のリボ払い返済額以上に金額を上乗せして早目に返済してしまうようにしましょう。そうすれば長々と金利を払わずに良くなります。

 

また、残高スライド方式という方法を取ることもおすすめします。これは残高に合わせて返済額が決まるので、こうすれば早目に完済ができるようになります。

 

カードローンの遅延だけは絶対に避ける

 

カードローンの使い方を個人で決めるのは良いのですが、遅延することは絶対に避けてください。カードローンの返済が遅れてしまうと、それは延滞情報として金融機関に記録されてしまいます。

 

一度だけならまだ延滞分を全額支払えば大丈夫になるケースがありますが、延滞を何度もしていたりすると、カードの使用を止められたり、キャッシング枠の利用を停止されることがあります。

 

そうすると返すだけの生活になりますので、返済期間内にきっちり返済するように守りましょう。お金の貸し借りには信頼関係が必要なのです。