カードローンの返済が難しくなってきたら行うこと

カードローンを使ってお金を借りているときに返済が難しくなってきたり、生活に支障が出るような範囲で返済がきつくなってきたときには、どのようなことを行えば良いのでしょうか。

 

返済に関して難しい状況というのは個人によって違いますが、当月分の返済金の用意が難しいというようなときには、カード会社の担当者に連絡し、当月分は難しいが、来月からは返済できるという旨を伝えるようにしてください。

 

ほとんどの場合、利用者側がそのように正直に事情を話した場合には担当者もきちんと返済についての相談に乗ってくれる場合が多いです。結果、無理がないような返済方法を考えてくれたりします。

 

ここで気をつけなければならないのは、決して嘘をついてはいけないということです。返済を期日までに行うことができなかったため、カード会社から連絡があったのに出なかったり、こちらから返済事情が難しいという連絡をしない等の行為を行ってしまうと、信用情報に傷がつく結果を招きます。

 

信用情報に傷がつくとあなただけの問題ではなくなり、保証人に連絡が行ったりしますので注意してください。

 

今後の返済が難しい場合

 

なお、今後の返済が難しいという深刻な場合には、借り換えローン(おまとめローン)を利用して、複数の会社から借り入れているお金を一本化し、返済をしやすくするという方法もあります。

 

借り換えローンがお得なのは、一本化することで金利が安くなるといったケースがあるからです。こうしたシステムを使いたいという方は、提供先の金融機関の条件を確認して下さい。

 

こうしたローンには返済機能のみが付いているものもあり、そうすれば新たにお金を借りることもなく、あとは返すだけという生活をすることができます。

 

カードローンを長く使っていると、返済が難しい場面が出てきたりすることもあるかもしれません。そうしたときのために、自分の生活状況やその時々に応じたプランを利用しながら計画的に返済していきましょう。

 

あくまでも正直に事情を話すということが第一であることを忘れないでください。