カードローンの仮審査、どうすれば通過できる?

カードローンに申し込みたいと考えたとき、一番気になるのは何でしょうか。

 

カードローンの仮審査を通過できるか、ということではありませんか?実はカードローン会社によって審査基準に違いがあり、その審査方法や基準は明確に公表されていないのです。はっきりと『これなら仮審査を通過できる』とは言えないのが実状です。

 

カードローンとひと口に言っても、銀行系カードローンと消費者金融会社系カードローンの2種類あります。この2種類のカードローンで審査基準が異なってくるようです。

 

とは言え、どちらも年齢や、勤務先、勤続年数、年収、他社からの借入額等が最低限の基準として設けられ、これらが仮審査通過の判断材料とされることが多いです。

 

仮審査を通過してもまだ安心できません

 

カードローンの仮審査を通過したからと言って一安心と言うわけには行きません。仮審査はあくまでコンピュータによる自動審査。入力された情報を信用情報機関に照会するだけにすぎないのです。

 

ここで他社から借り入れた際の事故情報が発覚したり、借入件数や金額が多いことが判明すると、仮審査の時点で落ちることがあります。最近では、スマートフォンを割賦契約した場合の滞納も、厳しく判断されることがあるので気を付けましょう。

 

これらに心当たりがある方が仮審査を通過するためには、借入件数や金額を減らす、事故情報が消えるのを待つ、申し込むカードローン会社を変えるといった方法をとる必要があります。

 

また、前回の仮審査の申し込みが直近であるなら、申し込みの間隔を開けた方が良いでしょう。あまりに短い間隔で仮審査を依頼すると、それだけで不利になることがあるのです。