主婦でも利用できるカードローンの審査基準とは?

【審査基準は収入と会社によって異なる】

 

最近のカードローンのキャッシングは、主婦の方でも申込みが可能となっている商品がとても多くなっています。

 

しかし主婦がカードローンのキャッシングを申し込んだ場合、審査の基準となるのはどのようなことになるのだろう?と気になるという人も多いでしょう。

 

専業主婦の方よりも、パートやアルバイトであっても一定の収入がある主婦の方が比較的審査が通りやすいようです。

 

このように主婦であってもパートなどで収入を得ている人はとても沢山います。

 

これは主婦の方に限ったことではありませんが、収入があると言っても好きなだけ借りるということはできないのです。

 

基本的に主婦の場合は融資限度額が低めに設定されていたり、また法律によって誰もが年収の3分の1以上は借りることはできなくなっています。

 

また収入のある主婦の方はこのようにカードローンのキャッシング利用は可能ですが、専業主婦のように全く収入がない場合は総量規制の関係でカードローンは申し込むことができません。

 

しかしこれは消費者金融のカードローンであり、銀行系のカードローンであれば総量規制の対象外となっているので収入がない専業主婦の方でも利用は可能となってきます。

 

この場合本人には収入がないので、配偶者の方の収入が大きく関係してきます。

 

銀行によっては配偶者の方の収入証明書を提出しなければいけないこともあります。

 

また配偶者の方の年収や勤めている会社の信用度、過去の利用実績に何か問題があった場合はもしかしたら審査に通らない可能性もあります。

 

商品によっては配偶者の方の収入証明書が不要というものもあるので、比較的審査もゆるくなっている場合があるので利用してみると良いでしょう。