審査に通らなかったのは、申し込んだ方の返済能力に疑問がもたれたからです

クレジットカード及びカードローンのキャッシング審査に通らなかったという場合、何が原因だったのでしょうか。

 

 

 

貸付を行う側としては、返済が遅れる、あるいは返済が行われないといっリスクを避けるために、慎重に審査を行うのが当然といえます。

 

カードローン会社は、申し込まれた方の経済状況や返済能力、過去の借入れ・返済記録についての詳細な調査を行います。

 

ここでリスクファクターが発見された場合には、リスクを回避するため、キャッシング審査に通さないということになります。

 

では審査ではねられてしまう具体的な理由とは何でしょうか。

 

 

 

過去においてなんらかのトラブルがあった

 

過去において返済期限を度々守らなかったことがある、完済が出来なかった、申し込みに当たって適切な申告を行わなかった、などのトラブルがあった方に関しては、審査ではねられることが多いといえます。

 

このような返済トラブルが起きたのは別のカードローンだとしても、その情報は信用情報機関において保管されていますので、情報自体はすべてのカードローン会社の間で共有されているということになります。

 

一回返済期限に遅れてしまったということならば問題になりませんが、度々これを繰返していると、不良顧客とみなされる可能性があるということを理解しておく必要があります。

 

 

 

 

 

複数のカードローンを利用している場合

 

カードローンはその性質からいって、複数もっている必要性はあまりありません。

 

同じような内容のカードローンキャッシングを複数利用している場合には、新規の申し込みの際に、審査で通らない確立が上がります。

 

なぜならば、新規に申し込んでいる理由について疑念がもたれるからです。

 

つまり他のカードローンの返済に充てようとしているのではないか、と考えられてしまい、審査で落とされるのです。

 

複数のカードローンからの借入れが嵩んでいる場合なども、これ以上の借入れは無理として、審査で落とされてしまうことがあります。

 

使っていないカードローンがあるようでしたら、新規の申し込みを行う前に解約することも視野に入れておきましょう。