審査に落ちてしまう3つの理由とは?

カードローンなどの金融機関のサービスに申込みしたことがあるという人も多いと思います。

 

しかしキャッシング審査を受けたが落ちてしまった!と言う経験があるという人もいるのではないでしょうか?どうして自分は落ちてしまたのだろうと疑問に思って腹ただしく感じてしまうこともあるでしょう。

 

そんな時今から上げる3つのポイントを参考にして、自分が落ちた理由に当てはまるか考えて見ると良いでしょう。

 

 

●申込み条件に当てはまっていなかった

 

一番に考えられるのが、申込条件に自分が当てはまっていなかったということです。

 

申込条件はその金融会社や商品によって異なってきますが、例えば満20歳以上で65歳未満であること、安定した一定の収入があることなどが条件になってきます。

 

これらの申込条件にあてはまっていないのであれば、落ちる原因になってしまいます。

 

これらの申込条件はWEBサイトに記載されていますので、申込みする前に必ず確認してみる必要があります。

 

条件があわなくて落ちてしまっては信用問題にも関わってしまうので、とてももったいないです。

 

 

●複数のカードローンへの申込み

 

カードローンを利用したいと考えた時に、1つの商品への申込みでは審査に落ちてしまっては不安と感じてしまい一度に複数のカードローンに申込みをしてしまっているという人はいないでしょうか?一度にいくつものカードローンなどに申込みをすると、審査に受かりにくくなってしまいます。

 

他の会社の商品ならわからないだろうと思っている人もいるかもしれませんが、実はこれらの使用状況などの情報は金融機関で全て共有されています。

 

そのため同時期に複数の申込みをした場合、何か良くないことに利用されるのではないかと不要な疑いをかけられてしまう恐れもあります。

 

信用問題にかかわるので気をつけましょう。

 

●利用状況

 

審査に落ちた場合には、過去の自分の利用実績を振り返ってみましょう。

 

キャッシング審査は今の状況だけでなく、過去も含めて見られてしまいます。

 

過去にカードローンを利用した時に毎月延滞してしまった、督促の連絡を何度も無視したなど身に覚えがあるのであれば、まさしくそれが審査に落ちた原因となるのです。

 

キャッシングの借り入れの利用実績などの情報は全て共有されて調べることができるので、気を付けて利用しましょう。