主婦がカードローンを利用するときの豆知識

専業主婦が利用できる借入額はどのくらいか

 

アルバイトやパートをしていなくて収入が見込まれない専業主婦の場合、カードローンのキャッシング利用限度額はいったいいくらくらいが相場になるのでしょうか。

 

限度額のことは、意外と知らない人が多い事でしょう。

 

パートやアルバイトなど働いている人の場合は、総量規制の法律で自分の年収の三分の一以下での金額の借り入れが原則可能となっています。

 

カードローンの会社によって限度額にはばらつきがありますが、平均でみると300万から500万の間で限度額を設定しているローン会社が大半を占めています。

 

限度額300万だとして上限ぎりぎりで借り入れを申請したとしても、簡単に融資されることはまずありません。

 

特に借り入れの経験が無い人は、不可能と言っても過言ではありません。

 

ローン会社は相手が信頼出来るかどうかを見極めてお金を貸すので、期間が短いと返済能力があるかどうか判断出来ないからです。

 

では、限度額までキャッシングの借り入れを利用したい場合はどうすれば良いのでしょうか。

 

これも会社によってまちまちな部分はありますが、目安として三か月が相場だそうです

 

上記のことは、収入がある人の話ですから専業主婦の場合はまた変わってきます。

 

収入が無いので、比較すると限度額は低くなります。

 

専業主婦の場合は、キャッシング限度額が100万を超えることはまずありません。

 

専業主婦の場合は、配偶者の収入によって限度額も変わってくるので一概にとはいえません。

 

専業主婦の方が兼業主婦と比べると、審査も厳しいですし利用も色々と制限されることを覚えておくと良いでしょう。

 

会社によって金利や上限金額の違いがあるので、安易な申請は避けて良く調べてから申し込みを行うようにした方が良いでしょう。