パートをしている主婦の場合、カードローンを利用できますか。

【毎月安定したパート収入がある主婦の方、カードローンに申し込むことが出来ます】

 

改正貸金業法により総量規制という法律が出来たことはご存知ですか。

 

総量規制とは、借入れは年収の3分の1までにしなければならないという決まりです。

 

このため自分自身の収入のない専業主婦の方は、自動的に消費者金融のカードローンキャッシングを利用できない仕組みになりました。

 

専業主婦の方の場合、カードローンは銀行のカードローンキャッシングしか他に選択の余地はありません。

 

ただしパートやアルバイトで毎月収入を得ている主婦の方は、この総量規制による決まりには関係ありませんてので、消費者金融のカードローンキャッシングも利用することが出来ます。

 

収入がある主婦の方の場合、銀行、消費者金融どちらのカードローンでも選ぶことができます。

 

ご自身の収入がある場合には、当然ですが専業主婦や現在無職という方よりも、審査において有利といえます。

 

バイトやパートなど勤務形態が非正規であっても、毎月安定した収入がある方に関しては、安定した収入があるとみなされます。

 

キャッシングの借入れ限度額はしかし年収の3分の1を超えることは出来ませんので、これは覚えておく必要があります。

 

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンとどちらが良いかということですが、どちらにもそれぞれの特徴があります。

 

銀行のカードローンキャッシングは安心感がありますが、年収に関する規定があるものもありますので、あらかじめよく調べるようにしましょう。

 

たとえばある一定の金額以上の収入がなければ、そもそも申し込みも出来ないカードローンもあります。

 

お急ぎの方の場合、消費者金融のカードローンのほうが手軽に手早く申し込め、審査、そして融資と即日中にすべてが終わってしまうこともありますので、こちらがお勧めです。

 

銀行のカードローンは消費者金融のものに比べて、やや基準が高い位置に設置されていることが多いといえます。