主婦だからこそ、気になるカードローン新規申し込み

専業主婦だけでなく兼業主婦でも、どうしたら出費が減らせて、貯蓄が出来るのかといったことを考えたりする人が多いと思います。

 

1円でも安く生活していかなければ、これから先、急な出費に備えられないこともありますよね。

 

毎日のようにお金をどう管理したらいいのかを考えていると、滅入ってしまうと思います。

 

出費は、いつどんな状態で増えるのかだけは、予想がつかないと思います。

 

子供の習い事の月謝や、部活動での遠征費も急な出費の一つになってしまいますが、一番辛いのが予定の付かないお葬式などの冠婚葬祭です。

 

予測がつかないだけでなく、包むお金も高額になってしまいがちになってしまいます。

 

その他にも、事故に巻き込まれたりしたら…と思うと、手元に自由に使えるお金があればいいのに、と思うことも多い私です。

 

これらの急な出費に備えて、定期預金などの貯蓄があれば、銀行のATMですぐに用意できたりしますが、急すぎて、定期預金の解約をして、お金を用立てするのも難しいこともあります。

 

また、遠方に嫁いだ私のように、身内や知人も少ないし、近所に友達がいない状況で、もしもの時にお金を貸してくれるツテがない人は少なからずいると思います。

 

そういった不測の事態の切り札となるのが、カードローンのキャッシングです。

 

 

【銀行系のカードローンが主婦に向いている理由】

 

2010年に法律の改正で、消費者を守る為の一つとして作られた「総量規制」という法律用語を聞いたことがありますか?簡潔に説明しますと、個人が借り入れできる限度額が年収の3分の1以内という規制です。

 

これは、収入のない主婦や無職の人に対するお金の貸し付けが出来ないようにする規制です。

 

この規制が出来て以来、私のような専業主婦はカードローンのキャッシング審査が厳しくなって、借り入れが困難な状態になってしまいました。

 

しかし、よくこの「総量規制」という法律をよくよく調べていくと、貸金業と呼ばれる業者(いわゆる“サラ金”)からの借り入れの場合に適用されるのであって、銀行からのカードローンなどでお金を借りることに関しては、これらの総量規制は適用になっていないことがわかりました。

 

銀行の場合は、「銀行法」と呼ばれる別の法律で管理・運営されているので、銀行が発行しているカードローンの場合、収入がない専業主婦でも申し込みができて、審査で謝絶されなければ、持つことが可能になりました。

 

総量規制の対象になっているのは、テレビCMやラジオCMでよく聞く、アイフル・アコム・プロミス・モビットなどの消費者金融が関わるカードローンです。

 

一方、銀行系のカードローンキャッシングは、レイクという新生銀行の傘下になった会社や、三菱東京UFJ銀行に代表される大手銀行、イオン銀行といった新しい形態の銀行でも取り扱っています。

 

このように、収入のない私のような専業主婦であっても、銀行系のカードローンキャッシングであれば作れそうです。

 

急な出費に対応する目的に対応するためにも、銀行に足を運んだ時に、パンフレットを貰ってきてキャッシングを検討したいと思います。