収入の無い人がカードローンを申し込めるかどうか。

多くの人が「収入の無い人はカードローンキャッシングを利用することができない」と考えていると思います。

 

無職であったり、専業主婦の人であったり、お金を稼いでいない人はそれだけでカードローンのキャッシングを申し込もうとは思わないはずです。

 

しかしながら、本当にカードローンを無職の人や主婦の人は申し込めないのでしょうか?

 

よく調べてみると申し込みや利用がちゃんとできるカードローンも実は存在しています。

 

 

 

【無職の人が申し込みができる理由とは】

 

カードローンのキャッシング申し込みには、安定した収入を持っている人ということが前提条件です。

 

なので、無職の人はまず利用ができない、と考えるのが普通のことかもしれませんが、それは職業を持っていないという人=無職ということであって、職についていないがお金を稼いでいる人であれば充分にカードローンキャッシングを利用する条件をクリアすることは可能です。

 

最近はインターネットで収入を得るということが可能になってきました。

 

SOHOやアフィリエイト、そして株式投資などの形態です。

 

こうした人は、実際に得た収入の証明を申込書に添付することによって、安定した収入があるということを証明することができます。

 

また、就職活動をしている人やアルバイトや派遣社員など一時的な職業であっても会社によっては申し込みをすることができます。

 

また、年金収入で生活をしている人も申し込みができるのです。

 

こうしたまだまだ知られていないカードローンの申し込みの基準は、覚えておくと非常に安心です。

 

たとえ、無職であっても配偶者や家族などの収入を証明することによって、審査の通過ができることもあります。

 

その際には、家族や配偶者の同意書を提出することが必要になりますが、無職だからと言ってカードローンを利用できないとは必ずしも言えないのです。